Recent Posts

工房探訪

文化財は日本が諸外国に誇れるものであり、地域振興にとっても不可欠です。内閣府が実 …もっと読む

工房探訪

大正13年(1924年)創業の襖(ふすま)紙工場・株式会社菊池襖紙工場(埼玉県・ …もっと読む

コミュニティ

日本の政治・経済の中心地『永田町』で、手しごと再生工房「RebornArt」(運 …もっと読む

Showcase

Step

nakamura

漆芸・金継ぎ作家
中村真さんMakoto Nakamura
東京芸術大学大学院漆芸専攻修了後、同大学工芸科漆芸研究室勤務を経て、 2005年から文化庁新進芸術家在外研修(ウズベキスタン共和国)として3年間、タシケント(ウズベキスタン)の民族楽器工房にてシルクロード中央アジアの伝統木工を学ぶ。現在は千葉県松戸市に工房を構え、瓢箪(ひょうたん)、木、乾漆などの漆のうつわを中心に制作活動。主な受賞に、財団法人日本漆工協会漆工奨学奨励賞・「朝日現代クラフト展」グランプリ他。
金継ぎでは特にきらびやかな金粉の仕上がりが注目されがちですが、実はそこに至るまでの下地の良し悪しが決め手になります。器や漆の特性を理解して施工できるかがポイントです。

What We Do

mizuhiki

伝統的な技術を用いて依頼品である工芸品・民芸品を元の姿に修復・修繕することで、受け継がれてきた価値を再生していきます。
壊れたから捨てるのではなく、人から人、親世代から子世代へ使い続けてもらうことで、日本の素晴らしい手しごと文化を後世に継承していくことを目指しています。

Items

Receipt

RebornArtでは、文化財修復などを手掛ける専門の工芸家や伝統工芸士が、一つ一つ手作業で修復・修繕作業を行います。そのため、作業工数が一定かかるのと、用いる技術を担保するために、購入時の価格同等の修繕費用がかかる場合もございます。依頼品や状態により価格は異なりますが、最低お見積額の提示は20,000円からとさせていただきます。あらかじめご了承ください。
※こちらは事例です。品物によってお見積もりは異なります。

項目 価格
依頼品の検品とご相談・修復提案 ¥10,000 + 依頼品往復郵送費
※直接持ち込みの場合は、郵送費はかかりません。
材料費(金粉含む) ¥18,000
修復作業工賃 ¥20,000
合計 ¥48,000 + 依頼品往復郵送費

How To Order

1. お見積依頼

お問い合わせページに明記している必須項目(お客様情報など)をご記入の上、まずは依頼品の写真を添付して、Eメールでお送りいただきます。

2. 修復内容のご提案

事務局と作り手・職人でご依頼内容を検討し、ご連絡いたします。
依頼品をお送りいただいた後、担当の作り手・職人とともに、修繕・修復のご提案をいたします。
ただし、予算や納期などのご要望にお応えできない場合は、ご提案前にお断りをさせていただく可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
※最低お見積額は20,000円からとさせていただきます。

3. ご注文

ご提案にご承諾いただきましたら、お見積額のお支払いをしていただきます。
お支払いが確認できましたら、作業に取り掛かります。

4. 納品

修理内容によって納期はまちまちですが、いずれも作り手・職人の手作業によって仕上げますので、早くても1か月程度の期間がかかります。
完成するまで、作業進捗情報を事務局よりお客様へご連絡させていただきます。

Contact Us

下記をご記入の上、お気軽にご相談ください。

  1. メールアドレス
  2. お名前
  3. ご相談内容

Association

名称 一般社団法人日本ふるさと手しごと協会
(代表理事:桜井里子)
設立 2016年4月27日
所在地 〒102-0093
東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
(株式会社ガイアックス内)
連絡先 info@teshigoto.or.jp

Member

Adviser